消費者金融からお金を借りてみた。主婦やバイトでも借入は可能か?

消費者金融からお金を借りてみた。主婦やバイトでも借入は可能か?

MENU

キャッシングのモビットカードについて

お金を借りるときには審査に通る必要があり、この審査に通ることができればカードを発行してもらいお金を借りることができます。キャッシング会社は現在たくさんありますが、その中にモビットというところがあります。ここでは即日審査を行っているので、急にお金が必要になった場合でもすぐにお金を借りることができるようになっています。モビットカードというものがあり、これを使ってお金を借りるようになっています。このカードの申し込みについては即日審査に対応していない場合もあるので、しっかりと確認をしておくことが大切です。即日審査に対応したカードの申し込み方法はインターネットを利用する方法です。この方法では必要な書類をインターネット上ですべて完結することができるのです。一般的な消費者金融では、申込者自身の身分証明や収入証明などは即日審査をしてもらうにあたり、無人受付機か有人の窓口に行って書類を提出する必要があります。しかしモビットの場合には審査に必要な書類をパソコン上でスキャンして画像データにすれば、このデータを申請したホームページからアップすることができ、そして審査を進めてくれるという方法を行っています。この方法を行うので即日審査がインターネットを使っても行うことができるようになっているのです。しかしこれには条件があり、14時50分までに振り込み手続きが完了していなければいけません。審査の結果によっては取り扱えない場合もあるので、あらかじめ確認しておくようにします。カード申し込みを利用する場合のメリットとしては、カードを持っている人はモビットと提携している全国のATMでキャッシングができると言うことです。これは全国のコンビニエンスストアに設置されていることが多いので便利です。お金を借りるだけではなく、返済もコンビニエンスストアのATMを利用することができるので、いつでもどこでも返済を行うことができるのです。

モビットのキャッシングの借り入れ可能金額について

モビットのキャッシングの借り入れ可能金額についてご説明します。まずキャッシングの上限金額は500万円となっています。これは消費者金融の中では最高額であり、そのため借金の一本化など高額の借り入れを必要とする人にとってモビットは、非常に人気の高い金融機関となっています。しかし最高金額は500万円ですが、利用限度額は個人によって異なります。たとえば年収の多い会社員と年収の低いパート主婦とでは、利用限度額に大きな差があるのです。キャッシングの世界では年収の高い人物の方がより信用ができるとみなされているからです。しかしモビットでは、信用度が上がってくると限度額の増額が可能になります。しかも増額のスピードは業界トップレベルであり、毎回きちんと返済をおこなっていれば信用度が上がり、たとえば最初は数十万円だった利用限度額が、すぐに倍ほどの額にアップしていくのです。ただしモビットは消費者金融ですから、総量規制の対象となっています。総量規制とは消費者金融に対して言い渡された、年収の3分の1以上のお金を貸してはならないという法律です。そのためたとえ上限金額が500万円であっても、利用限度額がアップしていったとしても、モビットでは年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。それ以上の額のキャッシングを申し込んでも、審査で落とされてしまうので気をつけましょう。具体例を挙げますと、年収1500万円以上の人の場合、上限金額である500万円の借り入れをおこなうことができます。それ以下の年収だと上限金額の借り入れはできず、借り入れ可能金額は個々の年収の3分の1までとなります。しかし最初から3分の1ギリギリまで借りることができるというわけではなく、信用度が低いうちは利用限度額も低めである場合が多いです。毎月のスムーズな返済などにより信用度が上がっていくにつれて、年収の3分の1まで借りることができるようになる、ということです。

プロミスはフリーターでもキャッシングできます。

プロミスでキャッシングするためには条件があります。安定した収入や20歳以上の方なら、基本的にキャッシングできます。安定した収入と言っても、アルバイトの収入だけでも問題ありません。パート従業員程度の収入があれば、審査で落ちることはありません。収入が少なくても、安定していれば問題ないということです。サラリーマンは収入が安定しているので、消費者金融なら簡単に借りれます。個人よりも事業者のほうが審査は厳しくなります。事業者は不安定な面もあるので、審査が厳しくなります。事業者よりもサラリーマンのほうが審査が甘い傾向にあります。プロミスは事業者よりも圧倒的にサラリーマンや専業主婦が多いです。年収が400万円以下の方が多いですが、男性だけというわけではありません。消費者金融には総量規制があるので、借入は年収の3分の1までになります。利用限度額は月収から判断されることが多いです。個人の年収を把握するのは難しいことなので月収で判断しているようです。月収が少ない場合は、利用限度額も下がります。返済状況によっては、利用限度額が引き上げられます。利用限度額がアップすることもありますが、年収を超えることはまずありません。総量規制は法律ですから、金融機関は守る義務があります。総量規制より多く借りることは難しいです。プロミスは銀行系ですが、銀行と同じという扱いではありません。通常の消費者金融と変わりませんが、やはり接客は良いです。初めて消費者金融を利用する方はプロミスをおすすめします。クレジットカードや携帯電話の滞納があると審査で不利になります。他社借入が多いとそれだけで審査落ちします。キャッシングは手軽なものですが、知っておくことがいくつかあります。総量規制もそうですし、キャッシングのリスクもそうです。消費者金融は借りやすいところが多いですが、大手が良いと言われます。無名なところよりも大手のほうが良いです。

更新履歴